ビューカード「からだ」の保険 ビューカード会員限定《シンプルプラン》手軽にがんに備える保険

ご存知ですか?

がんはとても身近な病気です。

男性62% 女性47%

一生涯の中で、およそ2人に1人
がんにかかっています。

出典:国立がん研究センターがん情報サービス

がんの治療は思わぬ出費に見舞われます。

例えば胃がんの場合、
治療費は約66万円です。

出典:厚生労働省 医療給付実績調査(平成29年)統計表
第3表疾病分類別、種類別、(金額)

だからこそ

万一のがんに備えておくことが重要です

万一のがんの際に金銭的な負担をサポートします

特長1

がんと診断確定された際は、診断保険金として100万円の一時金をお受け取りいただけます。

がん罹患時の医療費

罹患数 がんの種類 医療費総額
1位 大腸がん* 697,735円
2位 胃がん 657,835円
3位 肺がん、気管がん 738,402円
4位 乳がん 608,799円

*大腸がんは結腸がんと直腸がんを指します。

  • 出典1:厚生労働省 医療給付実績調査(平成29年度)統計表第3表疾病分類別、診療種類別、制度別、件数、日数(回数)、点数(金額)
  • 出典2:国立がん研究センターがん情報サービス

がんと診断確定された際は、診断保険金として100万円の一時金をお受け取りいただけます。

また、お受け取りいただいた保険金は治療費だけでなく、自宅療養費用、介護士費用、当面の生活費など、ご自由にお使いいただけます。

特長2

がんで入院の際は、1日目から日額 1万円を入院日数の制限なくお受け取りいただけます。

がん罹患者の入院日数分布

1ヶ月以上 27% 6か月以上5% 3か月~6か月4% 1か月~3か月18% 8~30日34% 0~7日39%

出典:厚生労働省 平成29年患者調査

医療技術の進歩でがんによる入院期間は短くなってきていますが、27%の方が1ヵ月以上の入院を余儀なくされています。

がんで入院の際は、1日目から日額1万円を入院日数の制限なくお受け取りいただけます。

特長3

がんで手術の際は、最大40万円をお受け取りいただけます。

がんで受けた治療方法(複数回答あり)

科学療法 80.5% 手術療法 71.5% 放射線療法 32.3%

出典:厚生労働省委託事業 平成22年度 がん対策評価・分析事業

がんの治療方法は多岐にわたりますが、71.5%の方が手術による治療を受けています。

がんで手術の際は、手術の種類に応じて最大40万円をお受け取りいただけます。

特長4

がんで先進医療を受けられた際は、先進医療にかかった費用(技術料)が最大1,000 万円まで補償されます。

先進医療にかかる1件あたりの費用(技術料)

技術名 1件あたりの
先進医療費用
重粒子線治療 3,089,343円
陽子線治療 2,697,658円
内視鏡下手術用ロボットを用いた
腹腔鏡下広汎子宮全摘出
(子宮頸がん)
1,050,158円
マルチプレックス遺伝子パネル検査
(固形がん)
899,257円
FOLFIRINOX療法
(胆道がん)
632,979円

出典:厚生労働省 令和元年6月30日時点における先進医療に係る費用

医療技術の進歩でがんは治る病気になってきていますが、先進医療にかかる費用(技術料)は全額自己負担のため、高額になる傾向にあります。

がんで先進医療を受けられた際は、先進医療にかかった費用(技術料)が最大1,000万円まで補償されます。

特長5

女性特有のがんを手厚く補償する女性向けタイプをご用意しております。

罹患者に占める女性比率が高い主な病気

乳がん 28.1% 結腸がん 11.1% 気管・気管支・肺がん 8.2% 胃がん 7.5% 子宮がん 7.3% 直腸がん 4.2% 肝臓がん 2.3% 白血病  1.6%

  • 出典:厚生労働省 平成29年患者調査

女性が罹患するがんでは乳がんと子宮がんで全体の約1/3を占めています。

乳がんや子宮がんなどの女性特有のがんで所定の手術*を受けられた際、50万円の手術保険金を上乗せしてお受け取りいただける女性向けタイプをご用意しております。

*所定の手術とは、乳房切除術(生検を除く)、子宮全摘除術、両側卵巣全摘除術をいいます。

特長6

がん専用相談窓口などを無料でご利用いただけます。

常駐の救急科の専門医および看護師が、緊急医療相談に24時間お電話で対応する「緊急医療相談」や、がんに関する様々なお悩みに、経験豊富な医師やメディカルソーシャルワーカーがお応えする「がん専用相談窓口」を無料でご利用いただくことができます。

その他、以下の付帯サービスを無料でご利用いただくことができます。

メディカルアシスト
各医療に関する疑問・お悩み等について電話でご相談いただけます。また、夜間の救急医療機関や最寄りの医療機関のご案内もお受けいただけます。

デイリーサポート
法務・税務・社会保険に関する電話でのご相談や暮らしのインフォメーション、役立つ情報をお受けいただけます。

介護アシスト
介護に関する疑問・お悩み等を電話でご相談いただけます。また、高齢者の生活を支える各種サービスの紹介を、優待条件でお受けいただけます。

補償内容・月払保険料

70歳までのビューカード会員さま、ならびに配偶者さまがご加入いただける1年更新の保険です。
ご加入後は、健康状態に関係なく更新いただけます。

がん補償

補償内容 標準タイプ 女性向けタイプ
がん診断保険金 100万円
がん入院保険金 日額1万円(日数無制限)
がん手術保険金 10万円・20万円・40万円(手術の種類によります)
がん先進医療保険金 1,000万円
がん女性特定手術保険金 50万円

月払保険料

年齢 新規加入時(更新時) 新規加入時(更新時)
18-19歳 190円(260円) 200円(270円)
20-24歳 150円(220円) 170円(240円)
25-29歳 260円(340円) 300円(400円)
30-34歳 460円(620円) 540円(730円)
35-39歳 650円(870円) 780円(1,040円)
40-44歳 920円(1,240円) 1,100円(1,480円)
45-49歳 1,310円(1,740円) 1,540円(2,050円)
50-54歳 1,840円(2,470円) 2,110円(2,820円)
55-59歳 2,830円(3,790円) 3,130円(4,190円)
60-64歳 4,260円(5,680円) 4,560円(6,080円)
65-69歳 5,940円(7,940円) 6,230円(8,320円)
70歳 7,550円(10,070円) 7,840円(10,450円)
  • 保険期間:2021年9月1日午前0時~2022年9月1日午後4時
  • 新規加入時の保険期間:お申込み日の翌月1日午前0時~2022年9月1日午後4時
    (新規加入時の月払保険料は、お申込み日に関わらず2021年9月1日時点の年齢で決まります。)
  • 本保険にお申込みをいただける方(ご加入者)は、ビューカード会員さまとなります。
  • 「保険の対象となる方(被保険者)ご本人」としてご加入いただける方は、ビューカード会員さま・その配偶者さまとなります。
  • 新規加入時は、保険期間開始月の翌月第10営業日が初回のビューカードご利用日となります。
    (2回目以降も保険料対象月の翌月第10営業日がビューカードご利用日となります)
  • 月々の保険料は、ビューカードご利用日の翌々月4日(金融機関休業日の場合は翌営業日)に、通常のカードご利用代金としてご指定の金融機関の預金口座から自動振替されます。
  • 新規加入時は、「新規加入時の保険期間」の初日よりその日を含めて90日の待機期間が適用されます。
  • 待機期間中にがんと診断確定された場合、保険金をお支払いできません。
  • 補償対象となる「がん」とは、悪性新生物および上皮内新生物のことをいいます。良性腫瘍である子宮筋腫、血管腫および脂肪腫等は、がん補償では補償対象外となります。
  • がん診断保険金のお支払いは被保険者ごとに保険期間を通じて1回に限ります。また、継続契約における2回目以降の診断保険金の支払いは、それ以前の診断保険金の支払事由に該当した最終の診断確定日からその日を含めて1年を超えた期間が経過していることが必要です。
  • 本保険の保険金受取人は被保険者ご本人さまとなります。
  • 本保険を更新されるときは、更新時点の年齢における月払保険料を払い込みいただきます。
    (満70歳まで更新いただけます)
  • 2022年9月1日以降の月払保険料は、保険料率の改定などにより変更となる場合があります。
  • 保険金請求事故が多発した場合など、更新を中止させていただくことがあります。

以下をクリックすると、他のプランをご覧いただけます。

∗1 25~29歳で標準タイプに新規にご加入いただいた場合の月払保険料(初年度)
∗2 40~44歳で100万円タイプに新規にご加入いただいた場合の月払保険料(初年度)

お問い合わせ先

ビューカード「からだ」の保険 サポートデスク

0120-921-860

平日9:30~17:00(祝日・年末年始除く)

ページの先頭へ